2014.2.7 鳶職人が組む足場



何十段の足場も何百平米もある足場も
一部材一部材・一段一段、鳶職人の手で組立ていく。





安全な足場があったこそ、建設マン達が仕事をする事ができる。



それだけ鳶職人には責任がある。



人にも自分にも厳しくなければできない仕事。



そして人を憂うる優しさが無ければできない。

1 2