2015.4.18 解体工

 

建設物の解体には騒音・振動・粉塵は付き物。

嫌われる仕事。

しかし誰かがやらなければいけません。




建設物を造るノウハウは工種ごとに細かく教科書があります。

 しかし解体のノウハウを教える教科書はありません。

 

 
鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・・・

 階高・スパン等、同じ状況はありません。

造る事より壊す事の方が難しいかもしれません。

 

解体工の仕事は荒々しく見えますが、気遣いが最も必要な仕事。安全への取り組みはもちろん、周囲の近隣住民への気遣い。騒音・振動・粉塵、迷惑をなるべく少なくする努力を重ねています。


人間の営みに建設は欠かせません。私達の便利で快適な暮らしは、騒音・振動・粉塵を発生させた後にあるのです。解体工は気遣いが必要、そして社会はそれを理解し受け入れる事も必要です。
1 2