2015.6.18 親方100選 LGS工&ボード工

建設設物の間仕切りの大半はLGS&ボードでつくられています。

 

 躯体完成後は間仕切の墨を出す。

コンクリートの床にランナーを取付け、スタッドを建てる。

階高によって使用部材は様々な種類。

 

 間仕切内部にはコンセントやスイッチの為に配管などを通す。

 

開口のサッシを取付け。

そしてようやくボード張り。遮音壁・防火区画壁。石膏ボードの種類も様々。普通石膏ボード・強化石膏ボード・硬質石膏ボード。

その仕様によって材料を使い分けなければいけません。ガラス繊維が入り耐火性能が強化された強化石膏ボードは防火区画の壁に使用されます。隙間無く仕様どうり施工しなければいけない。火災の時、命を守る壁だから。強化石膏ボードの重さは厚み21ミリでなんと18.1kg その重さは命を守る仕事の重さです。

 編集部

 

1 2