2016.3.29 【 後世の命を救った石碑 】~大船渡市吉浜湾~

大船渡市吉浜湾でも沿岸で復旧工事が行われていました。




高台をの沿線道路に車を止め坂を下りていくと湾を見下ろす場所、
そこに石碑がありました。



津浪記念碑

昭和八年三月三日午前二時半大地震

昭和八年三月三日午前三時大津浪

一大地震の後には津浪が來る

一俄に潮が引いたら警鐘を打て

一警鐘を聞いたら避難せよ

一三四十年經ては津浪が來ると思へ


津波の被害は家屋が民宿2棟。行方不明者1名。
明治・昭和の津波の後に集落が高台に移転したからです。
石碑が教訓を後世に伝え、命を守りました。



偶然に訪れた吉浜湾を見下ろす石碑、
「後世に伝えてくれ」と言われたように思います。

編集部